皮膚科 内科へ
泌尿器科へ
男性型脱毛症へ

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎とは、増悪、寛解を繰り返す掻痒性(傷が治りかけてかゆいので掻く)のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもっています。
アトピー素因とは
気管支喘息、アレルギ-性鼻炎、結膜炎などの家族暦、既往暦をもっているか、またはIgE抗体を産生しやすい素因のことです。

アトピー性皮膚炎患者の多くは乾燥肌で、保湿機能が低下し、結果的には角質層の水分量が維持できなくなります。
角質層は体内の水分の蒸散を防ぎ、外界からの外敵の侵入を防いでくれています。そのため普段より皮膚を清潔に保ち、皮膚を乾燥から守ることがとても重要なのです。

アトピーの治療
1.ステロイド外用薬で炎症を抑える。
2.抗ヒスタミン作用を有する抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤でかゆみを抑える。
3.スキンケアで皮膚の安定を保つ。

戻る
ニキビ
ニキビは皮脂が毛穴に詰まることで生じます。
← 細菌が感染、増殖が起こる
炎症が出現      
        
ニキビ痕となる     
皮脂の詰まる原因

1.毛穴がふさがること
2.皮脂の分泌が促進すること

ニキビの治療

1.毛穴がふさがる
内服治療、ケミカルピーリング、etc
2.皮脂が詰まる
洗浄、面皰圧出
3.皮脂の分泌増加
皮脂抑制剤(抗男性ホルモン) etc
4.ホルモン異常
ホルモン剤
5.細菌の感染
抗生剤、抗菌剤
6.炎症の進行
消毒剤、ビタミンC,E剤
7.瘢痕
ケミカルピーリング、レーザー治療 etc



ニキビは日常生活において


1.ストレスのない規則正しい生活。
2.バランスのとれた食事。
3.甘いもの、脂っこいもの、ナッツ類を控える。
4.飲酒を控える。
5.洗顔は確実に行う。
6.ヘアケアとヘアスタイルには注意。
7.日焼け、生活環境に注意すること

で改善されます。

戻る
ピアス
1穴 \2100〜(ピアス代込)
*20歳以下の方は保護者の承諾が必要となります。
お気軽にお問合せ下さい。 TEL 045-983-4117
戻る
内科へ 泌尿器科へ 男性型脱毛症へ
HOMEクリニック案内泌尿器科内科皮膚科男性型脱毛症プラセンタエキス
ケミカルピーリングQ&A
泌尿器科・内科・皮膚科・ケミカルピーリング・プラセンタエキス 田園クリニック DENEN CLINIC
神奈川県横浜市青葉区青葉台2-10-20 第2志田ビル4F TEL045-983-4117 FAX045-983-8414
Copyright Denen Clinic, All Rights Reserved.